Poohへの道のり

トリミングショップ開業に向けて日々奮闘する姉妹のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッター

今日は

Poohへの道のりは

ちょっとお休みして

今、妹が

はまっている本について書こうと思います。



今・・・

妹がはまっている本

それは



なんと

ハリーポッター

今頃になって・・・

本を買って読み漁っています^^A

妹は

ハリーポッターの映画が大好きで

第一話から

今上映している死の秘宝まで

全て映画館で観ています

なのに

なぜ

今の今まで本を買わなかったのか・・・・・・・

・・・・

読むのが面倒だったからです

すみません・・

っということで

今日やっと

不死鳥の騎士団

を読み終えました

本を読んだ後で映画を観ると

本と全然違う

って思うところですが

なにぶん映画から入っている妹は

映画で意味のわからなかった部分が

どんどん繋がっていく充実感を得ています

本と映画の違う部分も

実はこうだったのかぁ

と単純に喜んでいます。

妹は何年か前に

英語版ハリーポッターを購入してはいたのですが

英語の苦手な妹が原書を買っても読めるはずもなく

部屋の隅にそっとしまったままになっているのです。

なぜ今そんな話をするのかというと

いまさらながらハリーポッターを原書ですらすらと

読んでみたいと思ったからです。

原書を読んでもいない妹が言うのもなんですが

日本語版のハリポタは

登場人物の台詞にとても古い表現を使うのです

たとえば

がってんしょうち

・・・・・・



水戸黄門で八兵衛さんが使っていたかもしれませんが

まず

いまどきの子供達は絶対に使いません

妹だって

仕事で

この書類エクセルで作りなおして」

「がってんしょうち



なんて

絶対言いたくありません(><)

辞書で調べてみると

合点承知は、

はい承知しました。

という意味

意味は違いますが似たような言い回しで

冗談は由之介

っという言葉もあるそうです。

さすがに

ハリポタシリーズで

冗談は由之介

なんて返しはでませんでした。

そういえば

もう何十年も前に、冗談はよし子さんって良く聞いたけど

その言葉もハリポタシリーズには

でてきませんでした

よかったよかった

あとは

驚いたときに使う言葉に

驚き桃の木

おったまげ~

って・・・

って

絶対言わない

他にも

なるほど

って言えばいいところを

あえて

なるへそ

と言わせる。

日本語版翻訳家の恐ろしさ・・・

イギリスの子供たちが

ものすごく

江戸っ子っぽく書かれたハリーポッター日本語版なのです。

ちなみに

なるへそ

をグーグルで検索すると

死語

っという言葉がヒットしました。

やっぱり・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runruntono.blog99.fc2.com/tb.php/23-3b186cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。