Poohへの道のり

トリミングショップ開業に向けて日々奮闘する姉妹のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内装について

トリミングショップの内装のポイントは主に3つ

まず



犬の保管について


犬の為の安全な保管場所を作っているか?

これはトリミングが終わった後などに犬をどうやってお預かりするか?

ということらしいです。

バリケンなどの入れ物に犬を入れて保管する。

これはOK

さらに、バリケンを置けるスペースがあることもポイントになってきます。

また、ケイジに入れて保管する。

これは、ケイジから逃走しないように

屋根が付いているものなどを選ぶといいみたいです

例えばスペースに限りがあって

どうしてもケイジの上にケイジを重ねて2段に置かなければならない

また、バリケンの上にバリケンを重ねておきたい場合などは

重ねた上の段の入れ物が、犬が動いただけで落ちてきたら危険なので

上の段が落ちないような何らかの工夫がされているか

つまり、上下をしっかり固定してあるかということがポイントになってきます

さらに、床や壁にしっかり固定するなど

倒れない工夫がされているということも

重要なポイントのようです。

また、お店のドアを内開きに作っておくと

犬の逃走防止に役立ちます。

入口のドアが内開きであれば

万が一、ケイジやバリケンから犬が逃げ出しても

扉は開きようがありません

これから内装を考える方は

内開きドアについても考えてみて下さい。

そういえば、

最近いろいろなトリミングショップを偵察に行くのですが、

店舗にもともと外開きのドアがついいている物件の場合、

ドアの内側に腰高くらいの高さで

内開きの扉をもうひとつ付けている所もありました。

これも工夫ですね

Poohも見習わなくちゃ


そして2つ目が


換気


トリミングショップには

換気扇を必ず設置しないといけないのか

と姉は思っていたのですが

エアコンがついいていればOKとのこと。

ってことで

この部分は簡単にクリアできそう


最後のポイントは


ゴミの保管場所


衛生面で、店の外にゴミが出る時間をできるだけ少なくすることが重要

らしいのですが、

内装時に、店舗の中にゴミを保管できるスペースをしっかり作る

ことが大事なのかなと姉妹は考えます。


開業を考えている方で、自宅で開業をする場合も

エアコンがあって、

バリケンで犬を安全に保管できて、

ゴミを衛生的に保管できれば

よしとのこと

また、自宅開業で、

ドッグバスを設置できないのでお風呂場でシャンプーをしています。

などといった場合でも全く問題なく開業はできるとのことでした。


これらのことは

開業する都道府県の動物愛護相談室などで確認できます。

姉妹は、大阪市に住んでいるので

大阪市のHPから調べてに電話していろいろと教えて頂きました


健康福祉局 健康推進部 動物愛護相談室
電話: 06-6978-7710 ファックス: 06-6972-9154


大阪でトリミングショップを開業しようと考える方は

一度ご相談してみて下さい。


とりあえず

今回は、内装を考えるときの注意点

を書いてみました。

参考になりますように



こんな姉妹を応援して下さる方はクリックお願いします。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runruntono.blog99.fc2.com/tb.php/24-b0640093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。